Q&A

みなさんは「動物病院・獣医師・獣医療」について、どのくらいご存知ですか?

人間の医療と同じように考えていたり、そうでなかったり、実はあんまり良く分かっていない点も多いのではないでしょうか?

長年従事してきた内部視点と様々な社会経験を通した外部視点の両面から、まだあまり理解されていない動物病院の本当をご紹介します。

当院獣医療従事者の個人的見解に基づくものであり、例外・異論等があることを予めご了解下さい。

基本編

〇〇動物病院と〇〇ペットクリニック、名前の違いは?

民間の場合、○○動物医療センターも△△動物病院も□□ペットクリニックも名称による明確な差はありません。

動物病院・ペットクリニック(以下、動物病院)は、対象動物に違いがある以外「基本的にどちらも同じ診療体制」です

院長獣医の名前や好きな言葉、地域名・対象動物名などを入れた病院クリニック名称が多く見られます。

鹿児島県では実質「鹿大動物病院」が2次診療対応で、他は対象動物の違いがある以外ほとんど同じです

動物病院にも「歯科」「眼科」「皮膚科」があるの?

多くの一般的な動物病院では「専門科」を病院名に付けたり、診療内容(科目)を限定しておりません。

獣医師の得意分野や院内担当などには違いがありますが、基本的に「対象動物のすべての診療科目に対応」しています。

特に小動物は食事や環境など「獣医療以外」にも影響を受けやすいため、幅広い視野と経験で診断する必要があります。

しかし、動物病院によっては歯科・産科など一部「対応していない内容」もあるので、事前の電話確認をお奨めします

動物病院に行く時は「電話予約」が必要ですか?

動物病院には「受付に対するスタンス(考え方)」に違いがあり、大きくは「しっかり系」と「ゆるゆる系」に分かれます。

ご予約対応がゆるい(悪い)動物病院は、来院が早い時間に集中したり診療前後で長時間待たされることが当たり前になっています

こういう動物病院は「低い対応能力」が原因で人が溜まるのに、残念ながら「人気がある」と勘違いする人が非常に多いようです

ご予約からご精算までしっかりしている動物病院では、たとえ一時的に集中しても待ち時間が短く感じることが多くなります

一般動物病院では「急患・救急対応」の可能性があるので、日頃から「ご予約受付を推奨していくべき」だと思います。

鹿児島に「夜間専門」や「24時間対応」の動物病院はある?

現状、鹿児島市をはじめ周辺地域にも該当する動物病院はありません

個人動物病院の多くが少人数体制で、翌日(日中)の診療に影響が出るため長時間の診療体制を維持・継続できません。

一部ですが、当院のように「ご登録のある飼い主様」に対しては時間外でも可能な限り対応している動物病院もあります

また時間帯と対象地域の制限はありますが、鹿大動物病院と鹿児島地区獣医師会が「夜間当番制」を行っています

できるだけ何も(体調が悪く)ない時に「信頼できる動物病院」を見つけておくことをお勧めします

なぜ「鳥」や「爬虫類」を診る病院は少ないの?

鳥やエキゾチックアニマル※を対象とする動物病院が少ないのは、大学の「獣医学部(獣医学)では学ばない」からです。

対象とする獣医の多くは、①獣医師免許取得後に独学で勉強する、②先に習得している獣医に付いて学ぶ、などの過程を進みます。

特に鳥類の中でも「野鳥」は「鳥獣保護管理法」で取り扱いが厳しく決められており、自治体に登録認可を受けた獣医しか診療できません。

対象が多いと特別な動物病院に思えるかもしれませんが、動物の扱い方など利用者への配慮で獣医師の人柄が出やすい傾向があります

※エキゾチックアニマル:犬・猫・産業動物以外の動物の総称

「TNR」って何の略でどんな意味ですか?

TNRとは、Trap(トラップ:捕獲する)Neuter(ニューター:不妊手術する)Return(リターン:元に戻す)の頭文字をとった略語で、野良猫に対する愛護活動の一種です。

賛同する動物愛護(保護)団体や個人、および一部の動物病院・獣医師が、部分的にボランティアで活動しています。

ただし非常に問題点やトラブルも多く、偏った考え方や利己的な思いが暴走する材料になってしまう傾向(恐れ)があります

また世相や動物に対する考え方の変化に伴い、動物の命を扱う観点から個人や団体、獣医師の倫理的・社会的責任も免れません

同じ手術や治療でも料金の違いがあるのはナゼ?

動物病院は法律的に「料金を自由に設定して良い」ため、動物病院・内容ごとに「料金設定(金額)の違い」があります。

基本的には「原価」「地域相場」「勤務医時代の病院の料金」などを参考にして、院長を中心に決めていくことが多いと思います。

特に「獣医療の費用」は平等な生命への責任など「倫理観」が問われるため、獣医師の一存で個々に値引きなどをしないのが定石です。

自由だからと言って「無節操な値引き」をしたり「料金設定が曖昧・明細が不明瞭」な動物病院は、あまりおすすめできません

動物病院の料金ってナゼ安かったり高かったりするの?

日本の獣医業は「学術研究,専門・技術サービス業」に分類され、人間の医療(保険)制度とは全く関係ありません。

損保などのペット保険適用が無い場合、基本的には「施術料・薬品代・機材使用料」などを「実費」でご請求することになります。

また、難しい手術だったり特殊な医療機器(CT/MRI等)・特別な療法や薬品を使えば、それだけで単価が高額になります。

そのため数百円~十万円超の「幅」が出る結果になり、事前説明や情報が無いと飼い主様の「感覚差」が生じやすい傾向があります

大きい動物病院や新しい動物病院のほうがいい?

動物病院の「建物や敷地の大きさ・新しさ」と「診療対応・接客対応の良し悪し」には全く関連性はありません。

開業直後は病院もきれいで獣医師や身内が直接応対するため良い印象を持たれても、徐々に本質が表れるケースが多々あります。

病院が有名で建物が大きくても、若い獣医師や新しい従業員が多い動物病院は、必然的に診療や接遇レベルが低くなってしまいます

新しさや大きさではなく、院内の清掃、あいさつや会話、接遇など「運営面や獣医師・従業員のレベル」を観察して下さい

獣医師やスタッフが多い動物病院のほうがいい?

動物病院の「獣医師やスタッフの人数」と「動物病院・獣医療・接遇の良し悪し」には全く関連性がありません。

獣医師が複数いる場合、経験やスキルに個人差があり、指導や連携が悪いと「単なる個人動物病院の集まり」になる傾向があります

また、従業員がたくさんいても「対応が遅い・悪い」動物病院は、個々の能力や指導体制に問題があることを示しています

しっかりした役割分担や教育指導が無く、単に自己満足や穴埋めで雇用するような動物病院はお薦めできません

最初に行った動物病院を変えてもいいですか?

初めて行った動物病院が本当に良い動物病院か確かめる意味でも、飼い主様が自由に選択・変更していただいても構いません

まずは飼い主様ご自身が「信頼出来る、長く付き合える」獣医師や動物病院を見つけていただくことが、動物にとっても良いことです。

待ち時間が長い、対応が悪い、満足できないなど「不満や不安」を感じたら、早めに違う動物病院に行って比べてみて下さい。

特に動物関連業者の特典で提携先の動物病院を利用された方は、別の機会に気になっている動物病院のご利用をお奨めします

普通の動物病院と大学の動物病院の違いは?

簡潔には一般動物病院が「1次診療タイプ」、大学附属動物病院が「2次診療タイプ」と言えます。

一般動物病院は幅広く飼い主様と対象動物を受け入れ、大部分の診療内容に対応することが多い動物病院とお考え下さい。

大学附属の動物病院は人手や特殊な機材が必要な手術・検査など、一般動物病院の依頼を受けることが多い専門性の高い動物病院となります。

民間の場合、1次診療対応も未熟なのに「2次診療・先進医療」を掲げる動物病院は、利用者のニーズや現実を見ていないと思います

先生やスタッフさんたちのユニフォームの違いは?

特に決まり事は無く、各動物病院(院長等)が好みや目的別で採用(購入)しています。

種類・用途は様々ですが、定番の「白衣系」や、色やデザインが豊富な「スクラブ(術衣)系」の組み合わせが多いようです。

単に院長の好みだけで選ぶのではなく、飼い主様が獣医師と従業員を区別できる「配慮」や、院内の「統一感」も必要だと思います

企業と同様に、白衣や制服の「選び方」や「使い分け」を見るだけでも、院長の性格や運営に対する姿勢がわかります

キャットフレンドリーって何のことですか?

猫に優しい動物病院を増やすべく国際猫医学会(ISFM)及び日本猫医学会(JSFM)が提唱している認定規格になります。

主旨は良いのですが、実際には「人集めのための安易な看板」になってしまっている状況が多く見受けられます

認定を得るために「その場しのぎの対応」をしたり、猫以外の飼い主様が利用しにくくなったりでは本末転倒だと思います。

現実を見ないまま「理想だけの安易な看板」に乗っかる前に、病院運営の基礎から見直すべきではないでしょうか

いつも駐車場や待合が混んでるのは人気があるから?

表面的に「いつも混んでいる=人気がある」は間違った見方で、病院やスタッフの「能力の低さ」に気付かない方が多いようです。

実際いつも混んでいると言われる動物病院では、診察の前後で長時間待たされることが多く、人や車の入れ替わりが遅いはずです

人が溜まる主な理由は、①電話対応が悪い・段取りが遅い・連携が無い②トリミングで集客③動物関連団体や業者の受入、などです。

(②③は獣医師の技量とは全く関係ありません。また③は双方が利害関係にあることから純粋な慈善活動とは言えません。)

①~③があると「適正な診療が受けられない」「ミスや事故・トラブルが起きやすい」などが懸念され、決して良い動物病院とは言えません

クチコミの「名医です」とか「料金が良心的」は本当?

ネット上のクチコミやレビューは「初めて利用した時の印象」「個人的・一時的な感想」が大部分です。

特に「新しい動物病院」や、トリミング・ワクチン接種など「軽度な用件でご利用の場合」は、良い評価が先行する傾向があります。

料金や医療レベルに言及した内容は、個々に違いがあったり専門性が極めて高いため、妄信せず「あくまで個人の感想」ととらえましょう。

余談ですが、「嘘のクチコミや偽投稿が多い・悪い評価を除外する」有料掲載系クチコミサイトも普通に存在しています

そのようなサイトに何も考えず「有料登録している」動物病院もたくさんありますので、ネット情報には十分注意して下さい。

動物病院の良し悪しを知るオススメの方法は?

初めて利用した時に一時的に良い印象を持たれた方も、後になって動物病院を変えられる方がたくさんいらっしゃいます

利用前は「クチコミ」や「ホームページ」でしか確認できませんが、できれば「利用経験豊富な飼い主様に直接聞くこと」をお薦めします。

一番良い方法は、実際に相談や予防などの軽微な用件で「獣医師・スタッフの対応や病院の雰囲気を自分の目で確かめること」だと思います。

クチコミなどは「人によって感じ方が違う」「投稿するのは極少数」という点をご理解の上、実際の体験を加味して総合的にご判断下さい

BACK TO TOP

クチコミコメントの見方

ネット上の動物病院や獣医師に関するクチコミには、大きく3つのパターンがあります。

パターン1

最も多いのが初見(初めてor軽い内容で利用した)時の感想や印象です。

トリミング・ワクチン・予防などで初めて利用した飼い主様や、動物病院自体の利用頻度や経験が少ない飼い主様が大部分を占めると思われます。

極めて『表面的な』印象が多くなりますので、具体的ではないコメントでは動物病院の実態、獣医師の人間性などを把握しきれていないケースが多くなってしまいます。

そういう理由から「コメント数が多い少ない」とか「良いコメント内容」だけでは一概に判断できないのです。

パターン2

2番目に多いのがペットの体調不良やケガ、手術などで「(何回か)診療を受けた(利用した)上での感想です。

中でも「名医です」など技量を評価している内容は、専門的な判定ができる飼い主様は極めて少ないと思うので、文面を信用し過ぎてはいけません。

逆に不満や不信を感じた「悪い感想」には飼い主様目線の具体的な内容や、獣医・スタッフの言動や対応を細かく表現しているものが多いと感じます。

中には説明不足による事実誤認、単なるクレームや身勝手な内容もありますが、そもそも『動物病院側にも原因がある』という率直な見方もできます。

パターン3

ネット上のコメントは上のパターンがほとんどですが、厄介なのが「嘘コメント」「間違いコメント」「ご祝儀コメントです。

「嘘コメント」が多いのは『動物病院まとめ系サイト』で、実際に利用したことが無い人が投稿しているケースがあります。

また、任意にアンケートを書かされたり、表示回数が評価点になったり、悪いコメントが削除されたりする「滅茶苦茶な基準のサイト」も普通に検索上位で表示されています。

他には病院を間違って投稿された「間違いコメント」、開業に携わった関係者・内覧会参加者・友人などの「ご祝儀コメント」が紛れ込んでいます。

ご注意下さい

ネット上のクチコミ投稿などで、事実と異なる根拠のない誹謗中傷により相手の名誉を著しく貶める内容を書き込みをした場合、名誉権侵害や業務妨害となり「名誉棄損(めいよきそん)罪」や「侮辱(ぶじょく)罪」に問われることがあります。

※名誉棄損罪:3年以下の懲役、禁固又は50万円以下の罰金/侮辱罪:1年以下の懲役、禁固もしくは30万円以下の罰金又は拘留

特に相手が国家資格を有する事業者である場合、弁護士費用まで含めると50万円~100万円の慰謝料が請求される可能性もあります。

もし投稿先を間違ってしまった、勘違いで非難してしまった場合などは、なるべく早く謝罪連絡・投稿の削除(訂正)をして下さい。

BACK TO TOP

Googleのクチコミ【件数】を見る

極端にクチコミ件数が多いところには要注意!

グーグルのクチコミ件数は、通常「開業~5年目位まで」は数件~20件前後、「5年以上」は大体20~40件程度が標準的だと思います。

クチコミが他より多いところは、①開業年数が長い(院長が高齢/親子2世代継承)②ペットブーム初期に開業などが考えられます。

また開業年数の割に短期間で増えているところは、①トリマーが独自に集客②動物関連団体や業者との提携③対象動物が多いなどが主な理由です。

決してクチコミ件数が多いから良い動物病院というわけではありませんので、書かれている内容までしっかり確認して下さい。

Googleのクチコミ【内容】を見る

星2つ以下の悪い評価の有無・内容をみて判断!

グーグルのクチコミには5段階の星の数とコメントが付きますが、注目して欲しいのは「星2つ以下の数やコメント内容」です

いくら星5つがたくさんあっても、星2つ以下の「具体的で悪い評価コメント」の方が「実態の側面」を示唆しているように思います。

比較的新しいところは「良い評価とコメント」が先行しがちですが、実際には「運営・獣医療すべての経験値が浅い」という点も忘れてはいけません。

クチコミを見る時は、高評価コメントや星5つの数を見るより「星2つ以下の具体的なコメント」の有無・内容を確認しましょう。

③ホームページの【更新頻度】を見る

ホームページの有無・情報量・更新頻度で選ぶ!

ホームページ(以下、HP)やSNSは、動物病院のことを利用する皆様に知っていただくための重要な「情報発信ツール」です。

今の時代、更新や情報が少ない、作って終わりなど「有効利用されていない」HPやSNSは「自己満足・利用者軽視」の証拠とも言えます

中には自院HPよりSNS中心に情報発信、ネット広告乱発、手術画像を投稿、など「広告ガイドライン」に抵触しそうな倫理観の低い獣医師もいます。

自院HPやSNS、ウェブサービスなどの使い方には、院長(経営者)の性格や運営に対する考えを反映していると言っても過言ではありません。

※「獣医療広告ガイドライン」により自院HPは違反ではありませんが、有料ウェブ広告やSNSメイン利用などは内容により違反になる可能性があります。

GoogleYahooなどの検索順位(結果)は、動物病院の人気や信頼度とは直接関係ありません。

BACK TO TOP

クチコミポイントの見方

Googleクチコミは【4点】が分かれ目になる!

グーグルのクチコミ(以下、Gクチコミ)ポイントは「評価点の平均」で算出されています。

そのため当然高い点数だけなら総合評価が高くなりますが、中に低い点数(3点以下)があれば総合評価が下がります。

その他のクチコミサイトの点数は「閲覧が多いか少ないか」や「有料会員かどうか」による例もあり、実際のところ信用できません。

Gクチコミ件数(分母)が多い少ないにもよりますので、3点以下の存在が総合評価を大きく左右するのです。

ちなみに、Gクチコミ件数(分母)が少なく高得点しかない場合は、点数は良くても「利用者数が少ない」と推察することもできます。

総合的に評価点だけで見ると、動物病院の場合総合評価4点が「明暗の分かれ目(分岐点)」になっているように思います。

その主な理由は、クチコミ数全体のわずか約20%(約5分の1)でも3点以下があると総合評価4点を割ってしまうからです。

あくまでもクチコミは「減点法」のため3点以下の数が総合評価を左右し、その内容が見る側にとって重要になる仕組みなのです。

中には4点を超えていても「獣医師の本質に気付いていない飼い主様が多いんだろうなあ」と違和感を感じるケースがあるのも事実です。

すべての利用者が点数を付けているわけではないため、良くも悪くも点数だけで判断することはあまりおススメできません

BACK TO TOP

混雑時間グラフの見方

Google混雑時間グラフは当てにならない?

結論から言うとグーグルの「混雑する時間帯」グラフ】は、ほぼ当てになりません

実際、当院でも駐車場・待合とも一杯で駐車場に入れない車が路肩に並んでいても「混んでいません」と表示されていることが何度かありました。

前提条件として「スマホ内のGoogleロケーション履歴設定を有効にしている」必要があります。(基本的には無効状態)

その「ロケーション履歴」データを「数週間おきに収集」し、15分きざみで機械的に集計・比較されるものらしいです。

「リアルタイム表示」は理論上、今までの集計結果を元に最新データと比較したものなので、本当に「リアルタイム」と呼んでいいのか疑問です。

機械的な集計処理のため、表示の遅延や間違った処理(店舗が密集している、渋滞しやすい通りに面している等)をすることもあるようです。

※「リアルタイム表示が出やすい=スマホを持った人が頻繁に出入りしている」ことは事実です。

また、待合や駐車場の広さ(収容能力)やスタッフのスキル(対応能力)に違いや差があるため、混み具合の根本的な意味が違ってきます

スマホの設定有効化、集計の時間差などから実際と違うケースが多くなり、動物病院のように絶対数が少ない業種だと極めて信憑性に欠ける結果になるわけです。

さらには飲食店などと違い「混んでる動物病院が本当に良いのか」という『業種的な見方の違い』も考えなければいけません

今のところ表面上「混雑する時間帯グラフ」から読み取れる『予測情報』は以下の5点だと思います。

1.グラフの「山」が小さい時間帯が多い=情報収集数が少ない=(来院数が少ない・開業年数が浅い)

2.グラフの「山」の切れ目が無い=時間を問わず来院者を受け入れている=(運営体制がゆるい病院)

3.グラフの「山」が右上がりになる部分がある=対応に時間がかかっている=(対応能力が低い病院)

4.グラフ自体が表示されない=十分な情報が収集できない=(情報が少ない・集計に不利な立地環境)

5.グラフ下の待ち時間目安=1時間(以上)がある=(飼い主様が溜まりやすく待ち時間が長い傾向)

BACK TO TOP

応用編

~ ただいま鋭意編集中 ~

ペットブームの本当

ブームの始まり

人によって見方の違いはありますが、一般的には1980年(90年)頃~2010年頃の約20~30年間と言われています。

国内でも大都市と地方との時間差があるため「実質20年間程度」と思われます。

バブル期から一部で始まった「小型動物を家の中で飼う」ステータスが、バブル崩壊後、一般家庭に伝播したと考えられます。

その結果、ペット・動物に関係のある業種(ペット関連産業)が急成長・急拡大していきます。

「急速な市場の拡大」これこそが『ペットブーム』と呼ばれる所以(ゆえん)です。

急激な需要の拡大

ペットブームの高まりに呼応して、小型動物医療の分野でも診療の需要が急増し、個人の動物病院が増え始めます。

今ある個人動物病院のほとんどが、この『ペットブーム』によって作り出されたと言っても過言ではありません。

それまでの獣医業は、牛・馬・豚などの大動物(産業動物)や動物園・水族館が主な対象の「出張・所属型」が主流でした。

程なくブームによる需要拡大に着目した獣医師たちが、次々に小動物対象の「個人・独立型」動物病院へシフトし始めます。

この時期よりブームの後押しにより、開業すれば「誰でも」来院数や売り上げが急増し、すぐに人手不足に陥るほど隆盛を極めます。

この状況に対処すべく急ピッチで作られたのが、看護師やトリマー、訓練士などを養成する「動物専門学校」です。

人材供給の拡充により、獣医療だけでなく「トリミング・ペットホテル」等も導入され、動物病院の集客に拍車がかかりました。

純粋に自分たちの実力ではなくブームで繁盛しているのに、勘違いをする獣医(ペットブーム症候群獣医)が増殖し始めます。

このようにして動物病院の未熟な基盤が出来上がり、次の世代まで引き継がれ一般化・組織化されていきました。

ブームの光と闇

業態を巻き込んだ過去の様々な「〇〇ブーム」には、その性質ゆえ、例外なく「光(良い面)」と「闇(悪い面)」が存在します。

短期間に多くの愛玩動物が誕生した一方、扱う側の理解や考え方が未熟だったため、多頭飼育崩壊・動物虐待など「負の側面」を産み出しました。

現在の「小型動物医療」の分野もペットブームで脚光を浴びてから、実質20~30年程度の短期間で形成されました。

この急速な展開により、すでに獣医だった者や臨床獣医を目指す者の多くが「ペットブームの幻想」に翻弄されてしまいます。

個人で開業すれば短期間で来院数&売上が急増=(短期完済・高額機器導入・大量雇用・大型化 etc.)=自惚れ・おごり・慢心。

同時に動物専門学校も簡単に入れて安易に就職できる体制が「低レベルな専門職を求める人材」を輩出するようになっていきます。

「(獣医)私は実力がある、成功者だ、勝ち組だ、」「(学生)成績悪くても入れる、楽に就職できる、人は苦手だけど動物なら、」

...こうして、獣医療の現場に「ペットブーム症候群」が蔓延してしまいました。

ブームの終焉

1980年代から火の付いたペットブームの勢いは、2010年頃から徐々に「陰り」を見せ始めます。

飼育数減少も理由の一つですが、実際は「市場の熱が冷めた事、動物病院やペット関連産業が増えて飽和状態に陥った事」が関係していると思います。

最盛期にはテレビ・出版などメディア露出、ペット関連産業との連携など、動物病院単独では到底成し得ない要因【他力】によって繁盛病院や人気獣医師が「演出」されました。

同様に動物専門学校【他力】からも労せず人材が供給されたため、病院経営や人材育成に対する院長獣医の「無関心・無頓着」な姿勢が根付きました。

しかし、程なくメディア媒体【他力】の関心離れや露出減少とともに、動物専門学校の「学生数減少・能力や資質の低下」が顕著になり始めます。

(ここ鹿児島でも2006年に開校した動物専門学校が、2017年わずか10年程で閉校になりました。)

さらにブーム衰退に足並みを揃えるように、ペット関連産業【他力】や動物保護団体【他力】の「動物病院へのぶら下がり」も規模が縮小されます。

そして、ついに【他力】本願だった獣医師・動物病院の「運営の実態や実力」「認識や考えの甘さ」が、次々に表面化していくことになります。

「ペットブーム症候群問題」「人材不足・後継者問題」「組織基盤の脆弱問題」「獣医師の倫理観問題」...

過去からの脱却

ブーム終焉から約10年程度経過し、世間では徐々に「幻想」から覚める人が増え、現実に向き合う志向に変化してきました。

それを象徴するように「メディアによる動物愛護・保護活動への傾注」「動物愛護法改正」「愛玩動物看護師国家資格化」など、あるべき方向への整備改修が始まっています。

ブーム初期こそ手術数や研究発表に囚われた「権威主義」が持て囃されましたが、今では世間のニーズも無くなり、すっかり影を潜めたように感じます。

しかし未だに多くの獣医師には、長い間「独善的な立場・閉鎖的な職場」にいるせいか、世の中の変化や周囲の声に「目を向けない、耳を傾けない、自分を省みない」傾向があります。

残念ですが、今でも「ペットブーム時代の間違った考え方のままの自分本位な(ペットブーム症候群)獣医」がまだまだ現場に蔓延っているのです。

『自己満足だけの本質を無視した獣医師・動物病院でいるか』『真摯な姿勢で本質を重視する獣医師・動物病院になるか』

...これから動物病院が果たすべき社会的役割を認識し、地に足の着いた運営を受容していけるか、もうすでに世の中から試され始めています。

BACK TO TOP

ネット検索の本当

BACK TO TOP

クチコミの本当

BACK TO TOP

混んでる病院の本当

BACK TO TOP

開業獣医の本当

出身大学

下の(偏差値)は、獣医学部・獣医学科を受験する学生を対象とした値であり、すべての学生を対象としたものではありません。

学業レベルを分かりやすく表現すると【中学校の試験は常に平均80点以上】【地域上位の進学高校(進学コース)で理数系トップクラス】となります。

ちなみに、鹿児島大学医学部の偏差値が65となっていますので、双璧をなす難関学部(学科)+狭き門であることが分かります。

国公立
(大学名)(定員)(所在地) (大学名 )(定員) (所在地 )
北海道大学(65)35北海道帯広畜産大学(60)40北海道
岩手大学(60)27岩手県東京大学(67.5)30東京都
東京農工大学(62.5)35東京都岐阜大学(60)30岐阜県
大阪府立大学(62.5)40大阪府鳥取大学(62.5)35鳥取県
山口大学(62.5)30山口県宮崎大学(62.5)30宮崎県
鹿児島大学(60)30鹿児島県

※()内は一般入試偏差値目安/定員は前期+後期(東大は3年~)

私立
(大学名)(定員)(所在地) (大学名 )(定員) (所在地 )
酪農学園大学(50)60北海道日本獣医生命科学大学(65)80東京都
日本大学(60)60神奈川県麻布大学(57.5)120神奈川県
北里大学(57.5)120神奈川県・青森県岡山理科大学(55)140愛媛県

※ ()内は一般入試偏差値目安

学費・その他

私大の場合、金額は近いですが明細が違うため、ここでは鹿児島大学(国立)と酪農学園大学(私立)を一例として比較します。

国公立は基本共通設定ですので、初年度納入金と授業料だけを見ると「私立は国公立より約3倍以上高い」ことが分かります。

その他の費用や仕送り(生活費)まで加味すれば、県外から私大獣医学部に6年間通うには、かなりの財力が必要です。

鹿児島大学(国立)酪農学園大学(私立)
初年度納入金額817,800円2,564,000円
入学時最小限納入金額1,469,000円
入学金282,000円300,000円
授業料(年間)535,800円×51,710,000円 ×5
施設費340,000円
実習費140,000円
諸会費74,000円

※各項目の金額は2022年度の予想金額

BACK TO TOP

看護師・トリマーの本当

BACK TO TOP