歯の病気

約8割が『歯周病』

ペットヘルスケア|さくらペットクリニック|鹿児島市

実はワンちゃんやネコちゃんは、人間と比べると『虫歯』がとても少ないんです。

逆に『歯周病(ししゅうびょう)』がとても多く、一般的に飼われているワンちゃん・ネコちゃんの約8割が『歯周病』になっているといわれています。

『以前より口臭がひどくなってきた』『歯茎の色がおかしい』など、飼い主様が気になった場合はできるだけ早めにご相談下さい。

歯周病の原因は【歯垢】

【歯垢(しこう)】は、食べ物のカスと細菌がくっついて歯の周囲にたまります。

放っておくと、唾液中のカルシウムが沈着して【歯石(しせき)】になります。

読んで字の通り【歯石】は歯の周りに石のように硬く張り付くため、ワンちゃん用のガムや歯ブラシでは取れません。(ワンちゃん用のガムは付きにくくするためのもの)

【歯垢】や【歯石】を放置していると、歯茎(歯肉)が腫れて出血しやすくなる【歯肉炎(しにくえん)】になってしまいます。

放っておくと恐い【歯石】

【歯肉炎】が進行すると歯茎(歯肉)と歯の間のすきまが拡がり、そこにどんどん細菌が蓄積され増殖していきます。

さらには増えた細菌が毒素を出し、歯の土台となっている骨(歯槽骨)まで溶かしてしまいます。

歯の土台まで進入して蓄積された細菌は化膿(かのう)して膿(うみ)になります。

それらは徐々に歯茎や皮膚まで到達し、ついには顔に穴が開いてしまうんです。

BACK TO TOP

検診・治療

犬猫の歯と皮膚チェック表|さくらペットクリニック|動物病院|鹿児島市

初期の段階では《歯石除去》《投薬》で少しずつ改善していきます。

進行したものの場合は、麻酔をかけて全体的な《歯石除去》や《抜歯》が必要となります。

酷い状態になる前に、大人の歯になってからは1年に一回、7歳を越えたら1年に二回は【歯科検診】を受けましょう。

■歯科検診

一回:1,100(税込)

■無麻酔歯石除去

一回:3,300円~(税込/程度や時間により変動)

■麻酔歯石除去・抜歯

一回:20,900円~(税込)

注)動物の年齢や健康状態などによって処置方法や内容が違います。必ず事前にご相談下さい。

BACK TO TOP

家庭での予防法

歯や口の中の病気予防のためには家庭での「歯磨き」が効果的です!

  1. ペット用の歯ブラシにペット用の歯みがきペーストを付けて定期的に磨いてあげる。
  2. またはデンタルシートや歯みがき用手袋などの歯みがきペーストを付けて磨いてあげる。
  3. 綿棒に歯みがきペーストを付けて、歯と歯茎の境目についた歯垢を取り除いてあげる。

受付にて販売中

  • ペット用歯みがきペースト
  • 歯みがき用手袋 etc.

※当院でご購入いただいた飼い主様には、ご希望があれば【歯みがきのコツ】を獣医師やスタッフがレクチャーいたします。

※ペット用歯みがきペーストは口に入れるものですので、誤使用のないよう十分注意して下さい。

BACK TO TOP