鹿児島県鹿児島市の動物病院*さくらペットクリニックは熱意の全科診療と愛情のペットケアを提供する皆様のかかりつけ動物病院です。トリミングやペットホテル、各種ペット相談もご予約受付中!

プロフィール

病院長・獣医師

院長(獣医師) あき先生

病院長・オーナー獣医師

永田 亜季(ながた あき)

生年月日

19XX年 3月15日

出身地

鹿児島県 鹿児島市

プロセス

  • 鹿児島県立 甲南高等学校
  • 鹿児島大学 農学部 獣医学科(在籍時)
  • 勤務医を経て、2011年8月『さくらペットクリニック』開院

所属・担当

ひと言

幼少の頃からワンちゃんやネコちゃん、小動物が大好きで、今までずっと一緒に暮らしてきました。「将来、動物のお医者さんになって小さな命を救いたい」というのが子供の頃からの夢でした。

獣医師となり独立した今、あらためて動物病院が置かれている現状や、これからのあるべき姿を考え、本当の意味での『かかりつけ動物病院』を目指そうと決意しました。

若輩者ですが女性獣医師としてのアドバンテージを活かし、一人でも多くの飼い主様の信頼を得られるよう、全力で診療や病院運営に取り組んでまいります。

本当のかかりつけになるために

私たちは獣医業従事者ですが、一方では私もスタッフもペットの飼い主でもあります。

より良いかかりつけ動物病院になるために、当院獣医師やスタッフが考える『こんな動物病院はかかりつけにしたくないチェックポイント』をいくつか紹介します。

私たちはこれらを“反面教師”として日々の診療対応の向上に取り組んでいます。

※↓タイトルをクリックして内容を表示↓※

かかりつけにしたくない15のポイント
  1. 動物の命や健康に関わる仕事なのに、責任者が基本的に動物好きではない。
  2. 責任者が学会や研究、個人的な用件を優先し、休診・留守にすることが多い。
  3. 飼い主様に丁寧かつ十分な説明がなく、一方的に治療や投薬などを行う。
  4. 自院での対応が難しいとして、特に説明もなく他院へ患者の丸投げをする。
  5. 民間開業医なのに公○員のような運営をし、臨機応変な対応をしてくれない。
  6. 獣医業とは別の業務に偏りがちで、獣医師以外が運営のメインになっている。
  7. 地域や院外での社会貢献活動にほとんど参加せず、自分中心で視野が狭い。
  8. 責任者が飼い主様を怒ったり、診察中でもスタッフを大声で叱ったりする。
  9. 年数の割には相応の成長が見られず、世間一般の常識や時代性に遅れている。
  10. 人材育成や管理に無頓着で、スタッフがすぐ辞めたり、入れ替わりが激しい。
  11. 責任者やスタッフの応対・接客がいい加減で、スタッフの業務態度も悪い。
  12. 院内が動物臭・糞尿臭でいつもクサく、院内や敷地内の清掃ができていない。
  13. 病院の色々な情報や責任者の顔、システムなど、知りたいことが分からない。
  14. 良くないウワサや悪い評判を複数回見たり聞いたりしたことがある。
  15. “ホームドクター”や“飼い主様目線”と言いながら上にあてはまる項目がある。

上記は当院の“個人的見解”によるものです。一つでも“致命的な”項目もありますが、大方2~3つ以上当てはまれば“かなり重症”だと思います。

自分とペットのために、当院を含め、今一度『かかりつけとしてふさわしいか』評価・検討していただく時の参考にして下さい。

BACK TO TOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
動物病院一覧|さくらペットクリニック|動物病院|鹿児島市
オフィシャルフェイスブック|さくらペットクリニック|動物病院|鹿児島市
公式獣医師ブログ|さくらペットクリニック|動物病院|鹿児島市
[共立製薬]里親譲渡マッチングサイト
マイベッツクラブ|さくらペットクリニック|動物病院|鹿児島市
さくらチェック犬猫総合健康診断|さくらペットクリニック|動物病院|鹿児島市
Copyright © SAKURA PET CLINIC. Kagoshima, JAPAN All Rights Reserved.