違反の疑いがある「当院退職者」の投稿について

守秘義務と個人情報保護

当院を退職した方の中に、無断で「雇用契約内容」や「従事者でなければ知り得ない情報」を含む違反が疑われる投稿をしている方がいらっしゃるようです。

(2020年11月6日投稿)※投稿時期・内容等から該当対象を絞り込み

守秘義務違反・個人情報保護法違反の疑い|さくらペットクリニック|動物病院|鹿児島市

当院では、法令に則り、採用前(更新時)に労働条件を提示して、同意・誓約の上「雇用契約」を締結しております。

また獣医業という特性上、動物病院に従事する(した)方は、職種を問わず在職中・退職後も「守秘義務」を課せられる可能性があります。

2021年9月20日時点


守秘義務(しゅひぎむ)とは、一定の職業や職務に従事する者や従事していた者または契約の当事者に対して課せられる、職務上知った秘密を守るべきことや、個人情報を開示しないといった義務のこと。

Wikipedia(ウィキペディア)より一部参照

このような一部の方の当院や当院従業員の権利を侵害し、業界の信用を損なう「稚拙(ちせつ)で残念な行為」は、決して見過ごすことはできません。

心当たりのある方は、直ちに「該当内容の削除」を実行していただきますよう要求いたします。

なお、『本日(9/20)より30日以内に』削除が確認できた場合は、当事案に関する該当者への責任を追及することはありません。

(該当の投稿が削除されたことを確認でき次第、本投稿も削除いたします。)

ただし、14日経過以降「削除等」の反応が何も無ければ、当院側から順次各方面に然るべき対処を執らせていただきます。

違反と名誉棄損の疑い

[守秘義務違反・個人情報保護法違反の疑い]
  • 虚偽の登録情報かつ無許可で労使間の雇用契約内容(金額等)を投稿している点
  • ネット上で誰でも(9/20現在は会員登録なしでも)投稿の大部分を閲覧できる点
[守秘義務違反・名誉棄損の疑い]
  • 雇用契約にない条件を「後出し」するなど、一方的な視点で当院を非難するような表現があり、投稿内容に当院の信用を貶(おとし)める意図が感じられる点
◎証拠類の保持
  • 労働条件通知書・雇用契約書・採用(入職)誓約書
  • 該当ウェブページとそのスクリーンショット保存済み
  • 会員限定内容を含むすべての投稿内容を確認済み
  • 社会保険労務士(当院顧問)に事実関係報告済み

最後に

世間ではバイトテロのような働く側の「常識やモラルの欠如」がたびたび問題視されております。

もしかしたら、該当者は「退職済みだから」と軽い気持ちで投稿(登録)したのかもしれません。

該当者の今後も考えて、最終的な手段(損害賠償及び慰謝料請求など)は極力避けたい所存です。

当事案に関しては、現職従業員の権利を守るため、業界で働く方の意識改革やモラル改善のため、提言の意味も込めて公表しております。

心当たりがある方におかれましては、今ご自分が置かれている状況を冷静にお考えいただき、自主的かつ速やかにご対応下さいますようお願い申し上げます。

さくらペットクリニック事務局

BACK TO TOP